カーセキュリティーで盗難を防止する方法を紹介

盗難経験者が紹介するカーセキュリティーで車の盗難を防止する方法

カーセキュリティーの盗難防止に関する知識をご紹介
カーセキュリティーで車の盗難を防止する方法 > センサー解説 > プロキシミティセンサー

プロキシミティセンサー

スポンサードリンク

クリフォードのセンサーの1つにプロキシミティセンサーというセンサーがあります。これは、車両内外に見えないバリアを張り、警告ゾーン・サイレンゾーンを各々16段階で感度調整することが可能なセンサーで、近づく者に対しては警告ゾーンで一度大きな音で「ピー」っと発します。車の周囲で何度も動きを感知するとサイレンモードになります。車内で感知した場合は、すぐにサイレンモードになります。


メリットは、センサーの範囲を広げていれば、横に車や人が止まっても警告音が鳴るのでいたずら防止やスーパーなどでよくある他車のドアによるエクボなどに効果を発揮します。また音感センサーを装備していない場合に、ガラスなどが割られてもプロキシミティセンサーがあれば内部のバリアが感知しサイレンモードになる優れものです。


デメリットは、範囲を広げていると雨や水滴に反応してしまう点です。また、横に壁や大きなミニバンなどある場合は、センサーが感知しにくくなります。その場合は、近所迷惑にならないようセンターバイパス機能などを駐車環境に合わせて使用するなど注意が必要です。

スポンサードリンク
ページビューランキング